FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

ラオス紀行

sIMG_0176.jpg
今は居なくなったラオス象。実は、ラオスはお金がなく、隣国のタイに像を売って外貨を稼いでいたようです。像乗りは今や観光の一部と化していました。経営者はインド人のようです。sIMG_0120.jpg
ラオスは、種族が多数で文字が読めなかったり、ラオス語が話せなかったり、ご覧のような粗末な台所で生活していました。まさに戦後の日本よりひどい状況を見て唖然としました。sIMG_0121.jpg
隣室で、無邪気に遊んでいる子供たちです。世界が現状どうなっているか、知る由もない環境で時間を刻んでいる状況を見て、やはり教育は、大事なりと改めて感じ入った瞬間でした。sIMG_0156.jpg
フランスの植民地時代、町ごとそのまま保存されている観光スポットで世界遺産の『ルアンパバーン』王宮博物館で、王様の棺の前でsIMG_0094.jpg
バンビエン(ラオスの桂林)のナムソン川で、美しい風景を、ボートに乗って楽しみました。私のボートだけ、別の場所に着きハプニングsIMG_0146.jpg
ラオスといえば、托鉢が有名、早朝お坊さんに食事を差し上げました。現在は、地方の貧しい男子だけが坊さんになり、生活安定のためになって居るようです。(貧しくても托鉢を通して、助け合いの精神が、ラオス民族にはあるようです。)sIMG_0142.jpg
ラオスを象徴するメコン川クルーズ。 6時間に渡りゆったりとラオスの太陽を浴びながら、メコン川の風に吹かれ、人生を振り返る時間に浸りました。 ラオスは、なぜか食事が同じ東南アジアの中でも、特に美味しかったです。
スポンサーサイト

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。