fc2ブログ

未分類

ポルトガル紀行


sIMG_6418.jpg
今まで約90ケ国弱海外旅行している中、ポルトガル周辺国には行っているのですが、まだ未訪問国にて今回行ってきました。写真は、ポルトの町です。リスボンに次ぐ2番目の人口が多い街です。ドゥエロ川を挟んでの旧市内はとても感じの良く住んでみたくなる街でした。

sIMG_6429.jpg
ポルトは、ワインの有名な街でワイン蔵にも行ってきました。この会社のトレードマークはマントで怪傑ゾロを彷彿させる物が有りました。ガイドもマントを着ての案内です。試飲もしましたがとても甘く私には合いませんでした。
sIMG_6492.jpg
水の都アヴェイロ!運河と塩田に囲まれた色彩豊かな街で、運河をゴンドラに乗り観光してきました。乗船ガイドのお兄さんがとてもひょうきん者で楽しい時間でした。
sIMG_6463.jpg
同じくアヴェイロで有名な縦縞のお家です。今は冬でオフシーズン人影も少なかったです。
しかし縦縞の壁のデザインは面白いなと感じました。昔漁師が帰って来た時に自分の家が解りやすいようにとの説も有りますが定かでありません。
sIMG_6486.jpg
今回の旅行は、昼食が数回自由食で、人気のすし店に一人で入ってみました。日本のお寿司とは違って、お花とか生野菜、果物でデコレーションされており、食事前にドライアイスの入った容器に水を差し込み煙で演出していました。8年前もアイスランドで、寿司レストランに入りましたが寿司の内容が違いました。ちなみに写真の寿司は、6カンで20ユーロ(日本円で3.000円強です。)
sIMG_6488.jpg

古代ローマ帝国時代からイスラムの時代、ポルトガルが繁栄を誇った大航海時代など、さまざまな歴史の舞台となったポルトガル。街並みも道路がタイルで装飾されとても良い雰囲気を醸し出している地区も有りました。
sIMG_6522.jpg
世界遺産の町シントラ-風光明媚な景観の中にある個性的な建造物の自由時間で昼食時は、ホテルで野菜を茹でて(野菜大好き人間)朝食のビュフェから生ハムを頂き、サトウのごはんとみそ汁、海苔で昼食です。私は大の日本食党で、海外の食事を食べていると体力が削がれて疲れやすくなるので、いつもスーツケースの中は、日本食で一杯です。笑い


sIMG_6533.jpg
リスボンの輝かしい大航海時代や、貿易が盛んだった頃の話。コメルシオ広場に置かれている飛行機ですが、当時ブラジル迄無着陸飛行した記念の飛行機です。奥にはテージョ川を跨ぎ、リスボンとアラビダ半島を結ぶ、1966年に開通した全長2277mの橋で、ヨーロッパで一番の長さを誇る吊り橋が見えます。今回旅してポルトガルは、日本との関わりの深い国で有ることが解りました。言葉も日常使用しているカステラ、パン、コロッケ、ビスケット、ボタン、マント、チャルメラ、コップ、たばこ等々ほんの一部をご紹介しましたがこのほか多岐にわたります。ポルトガルの総人口は、1.034万人(東京都より少ない)如何に日本の人口が減少とはいえ90ケ国訪問して、その人口の多いことには感心してしまいます。

スポンサーサイト



プロフィール

mugenjyuku

Author:mugenjyuku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ