FC2ブログ

未分類

有難くない誕生日?

sIMG_7330.jpg
この年になると、もう誕生日は来てほしくない心境に駆られます。 しかしながら70歳超えにもなると、いつの間に年を重ねてきたんだろうなー と不思議に思える今日この頃です。 時間を大切にもっと充実した人生を歩もうと再認識した次第です.sIMG_7325.jpg
今年も誕生日に、夢限塾生から豪華なお花を頂きました。 この年になっても祝ってくれる方がいるのはとても嬉しく思った次第です
sIMG_7340.jpg
今年の誕生日は、家内と一緒に白石市にある鎌先温泉『一條様』に行ってきました。 古い温泉宿で、今までも数回いたことが有る宿です。sIMG_7336.jpg
この旅館は、当時の古びた温泉旅館で、温泉はもちろん料理も美味しくとても満足行く誕生日となりました。sIMG_7337.jpg
建物もその当時の建物がそのまま残っており、窓ガラスも平たくない凸凹の表面でとても味のある建物となっています。sIMG_7333.jpg
これは朝食メニューです。(とても豪華です。) これからは残された時間を充実した過ごし方にて、少しでも社会貢献できればと思った朝でした。

未分類

キューバ紀行


sIMG_7142.jpg
キューバと云えばオールドカー。 50年以上の古いアメ車が走っていました。もっとも観光タクシーとしてですが。
部品は勿論既になく、ロシアから別の車の部品を使って加工して使用しているようです。修理メンテナンスの技術は世界一かも知れません。首都ハバナでは、このタクシー会社が2社の様です。
sIMG_7118.jpg
キューバという国は かつてはスペインの植民地時代が約400年続きました。スペインからの独立後、隣国 米国によって1902年〜59年キューバ革命までの約60年間 統治されていました。写真はハバナのモロ要塞。
sIMG_7224.jpg
バチスタという大統領がアメリカンマフィアの支援を受ける事により、突然1952年にキューバで軍事クーデターを起こし、成功してしまいます。そこからキューバ革命が起こる59年までの間に、マフィア資本をバックに歓楽の都キューバ(ハバナ)が築かれて行きました。写真は医師でも有るキューバ革命で有名なゲバラ像です。sIMG_7220.jpg
バチスタ政権はマフィアたちとキューバにおける利権のほとんど統べてを握り、カジノ/売春/ヘロインと、まさに米国の法律が通用しないキューバの地ですき放題に今で言うブラック資本の帝国を作っていったというのが、今も残るキューバという国に放たれている不思議さの土台と思われます。写真はパラデロのホテルの朝焼けです。月も見えます
sIMG_7215.jpg
パラデロ市内のホテルですが、キューバのホテルは100%国営との事。流石観光業で経済を持たせなければならない国だけに、ホテル内のアメニティーは綺麗でした。食事も他国と遜色ない内容でした。しかしいまだながら、食材などは支給制度で、給料も月額2~3万との事、現地ガイドの弁ですが、生活はかなり厳しいようです。sIMG_7091.jpg
キューバで有名な作家『フェミングウエーの店内銅像』です。彼がいつも来て食事したカウンター端に飾られていました。彼のお爺さん、父親、息子、孫5代続けて全て自殺で無くなっているとの事。話は変わりますが、町の地元民の利用するスーパーに行ってみましたが、生鮮食品はほとんど置いていませんでした。また店内は床がいたるところ壊れており、商品も埃をかぶっており、日本の主婦が行っても買い物をする気が起きない環境下にありました。sIMG_7097.jpg
キューバはかつて、サトウキビ産業で(砂糖・お酒 ラム酒)で一時世界の経済国5番目まで上り詰めたことのある国です。
モヒート・ダイキリン等ラム酒を使用したお酒も飲んできました。私は初めての体験で、とても美味しく感じました。もともと労働者のお酒との事、当時アフリカから、黒人を多数奴隷としてキューバに連れてきた歴史が有ることにお酒の関連も頷けました。写真はハバナクラブ蒸留所

sIMG_7206.jpg
アルカポネハウスです。彼の生涯は、とても起伏に富んでおり、帰国後自伝を見ましたが、面白い人生を送ったようです。
現在はレストランになっていました。
sIMG_7194.jpg
同じアルカポネの別荘ですが、ビーチサイドでとても風光明媚な環境でした。生きたペリカンが4羽人に慣れておりお迎え頂きました。今回社会主義国家を旅して、強く感じたことは、努力しても報われない社会は、やはり経済成長はしないと強く感じました。
トイレ使用の時は、ホテル以外、レストランでも博物館でもすべて25円掛かることも異様に感じました。(汚い仕事は誰もしたくないので、社会主義の中で数少ない独立家業の様です。)今回の旅は、肌で感じた社会主義国家の旅でした。

未分類

日間賀島観光

sIMG_6658.jpg
日間賀島は、愛知県の知多半島に有ります。 師崎港から水上タクシーで7分程度で着きます。sIMG_6643.jpg
今河豚のシーズンで、とても新鮮で、街の河豚店で食す味とはまた格別でした。sIMG_6646.jpg
この島は、タコが有名ですが、その他海の幸は豊富で新鮮で格別の美味しさでした。写真は、大型ハマグリの焼き物です。sIMG_6644.jpg
湯でカニですが、通常食べる食感とは格別に違っていました。 海鮮が好きな方は、この日間賀島がおすすめです。sIMG_6650.jpg
このホテル名は、『日間賀島観光ホテル』で、島一の風光明媚な場所に建っています。何よりも海鮮料理が、他では味わえない美味しさです。ぜひ貴方も行ってみませんか。

未分類

中国のシリコンバレー 深圳夢限塾第4回海外研修旅行

sIMG_6540.jpg
わずか30年足らずで、人口が30万人から1400万人に増加、人類の歴史上比類のないスピードで発展した深セン。今も60万人の人口が毎年増加中 驚異的な人口増の深圳の最新テクノロジーを見学に行ってきました。写真は、トヨタよりも大きいテンセント本社前です。sIMG_6564.jpg
写真は、深圳から香港までの橋です。10月には、香港とマカオを結ぶ橋も完成しました。中心部は工場の街から金融とイノベーションの街に変化を遂げつつある。20〜30代が人口の65%を占め、65歳以上の高齢者は全人口の2%しかいない。これだけ「長期間にわたって若者ばかりが住んでいる街」も、おそらく歴史上ないだろう。今やGDPが香港を抜き、中国でもっとも生活費が高い街となった。sIMG_6502.jpg
深圳は、ドローンのDJIの発生でも有名な街です。深圳はその他、無人のコンビニやコインレストランなど多数の面白い最新式の店舗が多数ありました。インキュベーションセンターが(起業や創業をするために活動する入を支援する施設。)深圳市内に300ケ所有るとのこと。 スタートアップ企業が多いのもうなずけます。sIMG_6530.jpg
食事は、非常に美味しく今回案内頂いた昼・夕食は、脂っこくない食事でした。 ここ2年間深圳の人々は財布を持つことのない生活をしている様です。お財布携帯が、ほぼ100%普及しており、注文も店内に入った瞬間スマホでその店のメニューにアクセス、食事終了後の会計も各テーブルにQRコードのシールが貼られており、それをスマホで写すだけで会計処理となります。sIMG_6545.jpg
写真は、生ジュースとチーズクリームをミックスした飲み物でとても人気の様です。上海は深センよりも豊かな国際都市だが、多くの既得権益や遺産があり、深センほど早くは変化できない。北京に至っては数千年の遺産と人々を抱えている。
走っているバスは、96%が電気バス。タクシーも50%以上は電気タクシー
車の販売会社がない深センならではだ。歴史があり、過去のしがらみがあるところほどアップデートに苦労する。
sIMG_6559.jpg

公園では、親が息子や娘の結婚相手探しをしていた。(写真の両側に掲示されている書面が紹介書き)50%はお見合い結婚とのこと。20代後半で、テンセント勤務者は、年収1千数百万円の年収であるが、能力がなくなると解雇され無一文の世界に放り出され、自殺者が多数出現することになる様だ。ちなみに、テンセントは、45歳が定年退職とのこと。sIMG_6511.jpg
百貨店の高級鮮魚売り場です。このお店では、鮮魚を30分以内で自宅まで届けるサービスをしていました。新鮮なお魚や貝類を迅速に水槽から上げて、直ぐ食べれるように処理し配送チームが居て近隣のマンションに届ける風景には驚きでした。カニ一ぱいが約14,000円の価格にはびっくりしました。 中国人のお金持ちはやはり多数いるようですsIMG_6480.jpg
日本の秋葉原の様な場所です。(華強北)深センのGDPは香港を超え、もはや安い労働力を提供する場所ではない。
深センの工場で働く工員は、毎月5000元(残業代含め約8万円 2017年)の給与。雇い主が住居と食事を供給するのが前提での話。世界のほとんどの国より貧しい状態から、世界のほとんどの国より豊かになる状態まで、ほぼ一世代で来た驚きの街です。
sIMG_6552.jpg
深センは中国最初の経済特区だ、経済特区のモデルはその後中国各地域で拡大したが深センほどの劇的な変化は、他の都市では生まれていない。ほかの都市の様に既得権益が無いから都市開発が進めやすい。中国全土から稼ぎたい若者が押し寄せ、毎年新しい地下鉄の路線が通っている。現在は8本の地下鉄が有る様だ。将来は、20本の地下鉄を作る様だ。研修旅行を通じて感じたことは、この町の爆発ぶりを日本も参考にして、大きな経済発展を遂げらる様な政策を強く増税々だけに明け暮れている国会議員に望むところだ。

未分類

人生初の演劇出演

sIMG_6295.jpg
この度、『劇団星の街』に参加させていただき、秀吉役を演ずる機会に恵まれました。 豪華衣装にて華々しくデビューです。笑い・・sIMG_6297.jpg
慣れないことから、台詞を覚えることに必死でしたが、そのうちに言葉に感情を乗せることができ、意外と楽しいことに気が付きました。sIMG_6425.jpg
写真の画像は、綱本と囲碁の対決の場面です。負ければ16人いる側室の中から最愛の女子を取られる場面です。sIMG_6426.jpg
他に一役『摂津の守』を演じました。 裃が思った以上に似合ってご満悦です。
秀吉も摂津の守も適役にて、自分の性格にあった役となりました。
sIMG_6427.jpg
2日間に渡り3回の上演が行われ、いずれもほぼ満席の内に終演、とても思い出深い人生の1ページとなりました。ご来場の皆様ありがとうございました。

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ