FC2ブログ

スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未分類

南イタリア紀行 (シチリア島・ラベンドウサ島・カブリ島)

s158.jpg
太陽の国、南イタリアシチリア島に行ってきました。5月なのに、30度前後の気温で、とても暑かったです。
島特有の入り江が多くとても風景が美しかったです。
s136.jpg
ランベドゥーサ島は、海藻が無くとても綺麗な海でした。(世界一透明度の高い海)船が浮き上がって見える不思議な島でした。s141.jpg
船上でのランチは、島で捕れた生エビをオリーブオイルに付けて食し。またトマトの生煮スタイルがとてもおいしかったです。s254.jpg
カルタジローネでは、ミニトレーに乗って、陶磁器の街を見学しました。s042.jpg
カブリ島にある、青い洞窟です。潮位や天候の状況によって洞窟に入れる確率が50%でしたが、幸運にも入れました。
洞窟内の青は、写真では表現しきれない程の独特の青色で感動しました。 ここは絶対おすすめポイントです。、
s089.jpg
アルベロベロです。トンガリ屋根に白い壁の童話の世界を感ずる町でした。
s204.jpg
ギリシャの文化がまだ残るアグリジェントです。シチリア島の歴史は、ギリシャはじめ数ケ国の統治の歴史があり、紀元前6~5世紀に栄えた神殿が原形を留めていました。s273.jpg
今も噴火を続くエトナ山を望むギリシャ劇場のあるタオルミーナです。ここも南イタリアを訪れたら外せない観光地かも知れません。

未分類

春の花探訪

sIMG_5157.jpg
栃木県の足利フラワーパークに、かの有名な藤の花を見学に行ってきました。 写真は、珍しい八重咲の藤です。sIMG_5141.jpg
白色の藤は、丁度見頃でした。 黄色の藤は、まだ成長が乏しく残念でした。 人生も花盛りが一番ですね。
sIMG_5159.jpg
しだれ藤で見事な花でした。 今年は、温暖で少し花が進んでいたようです。sIMG_5183.jpg
同じ栃木県の勝田にある『ネモフィラ』で、天気良い日でとても綺麗でした。sIMG_5195.jpg
ネモフィラは、耐寒性一年草で草丈20Cm位です。 とても可愛い花です。
sIMG_5194.jpg
カナダ西部からアメリカ合衆国西部、メキシコにかけてとアメリカ合衆国東南部に11種が分布するとのこと。
sIMG_5189.jpg
群生するととても見事なお花畑になるんですね。

未分類

星の町仙台 歴史探訪


sIMG_5032.jpg
この度、仙台バスツアー㈱主催の『星の町仙台の旅』に参加してきました。 六芒星に(ユダヤ教では、神聖な図形)て形作られている仙台の町に興味を持っての参加となりました。 興味のある方は、http://hexagram.jp/prologue/sIMG_4963.jpg
開府当時の仙台城下は六芒星で囲まれた範囲で、伊達家の家臣と町人、商人などの住む居住区です。それらの人々を霊的攻撃(魑魅魍魎-ちみもうりょう)から守るために六芒星の結界を張ったのです。sIMG_4964.jpg
正宗の墓は、瑞宝殿に祭られていますが、魂は、この青葉神社に祭られているとのことです。sIMG_4971.jpg
大崎八幡宮は、桃山建築様式の国宝となっている素晴らしい社殿を有する、仙台城下建設当初に建築された北西の守護神社で、総鎮守社です。このように城下の各所に六芒星の形で神社仏閣が設けてありました。有事には、各寺や神社に手勢が集合したとのこと。
sIMG_4976.jpg
青葉城で一番映えるカメラポイントです。 今でも仙台の町は、奇麗ですね。sIMG_4978.jpg
青葉城の上段の間を再現したものです。床には『狩野左京』が桐に鳳凰を描き壁面には、鳳凰図屏風が描かれており、豪華絢爛の作品でした。sIMG_4973.jpg
ガイドの八代 峰様から、六芒星—ユダヤ教では神聖な図形としてイスラエルの国旗にも描かれ「ダビデの星」と呼ばれている。
日本でも古来から魔除けとして用いられ、伊勢神宮周辺の石灯籠に、籠目紋が刻まれているのは有名。
陰陽道では陽の星を五芒星(安倍晴明)、陰の星を六芒星で表し、どちらも様々な霊的攻撃から守るために使われてきたとの説明でした。
sIMG_4989.jpg
愛宕神社は、陰陽五行説では、北の水に対して南は火となり、火の神様「火之迦具土神かぐつちのかみ」を祀っています。
今回参加して、仙台の町は、伊達政宗がかなり研究されて作った町とのことで、更に興味を持つことになりました

未分類

エジプト紀行

sIMG_4888.jpg
写真は、おなじみのピラミットです。 今回写真撮影したポイントは、従来の観光地点の裏側に当たる新しく出来た写真ポイントでの撮影です。
sIMG_4915.jpg
スフェインクスですが、顔の部分が朽ちていました。 エジプトの観光は、警察がバスの中や観光地に一緒について拳銃を持ちながらガードしてくれたことが印象的でした。
sIMG_4730.jpg
ルクソール近くにあるカルナック神殿の写真です。御覧のように太い石柱が多数建っており圧巻でした。それも日本の縄文時代に建築されたとは驚くばかりです。
sIMG_4855.jpg
エジプト人は、親日派が多く一緒に写真をせがまれました。
sIMG_4745.jpg
今回、ナイル川下りにて船で3泊しました。 川の両サイドは、今まで見たこともない風景で驚きの連続でした。
sIMG_4645.jpg
ルクソール西岸にある(西岸は、昔一般的に死者の墓のある地域)王家の谷の中の墓のエントランスの象形文字はとても華やかできれいいでした。sIMG_4806.jpg
アブシンベル宮殿です。年2回しか見れない、神殿内奥に鎮座する神像を朝日が照らす光の奇跡を見るために早朝1時30分から多数の外人に交じって、5時間立ったまま待っての鑑賞でした。
sIMG_4812.jpg
アブシンベル宮殿を照らす朝日です。アスワンダムでできた、ナセル湖の先からの日の出でした。 エジプトの古い歴史建造物を見るのは、個人的にもお薦めです。人生一度は見ておきたい観光地です。ナイル川氾濫を防いで、治水目的でナイルの流れを隣国に行かないように、100近くのピラミットが作られた新説もあるようです。

未分類

沖縄ゴルフ合宿と観光

sIMG_4524.jpg
1月に、ゴルフ合宿に行ってきました。もっとも生徒は私一人でした。
エナジックゴルフクラブで、今話題の名護市の基地が移動する湾の上に在りました・sIMG_4523.jpg

生憎滞在中は、曇りの日の連続で天候に恵まれずに残念でした。このゴルフ場は、一般に開放されておらず、1日2組から3組しかお客様がおらずビックリしました。コース上での練習は。し放題でした。オーナーは、若いゴルファーを育てる観点で経営しているようです。sIMG_4490.jpg
初日は、那覇市内の那覇第一ホテルに宿泊。朝食が沖縄産の食材を使用しての薬膳朝食でとても美味しく食べました。メニューは、これ以外も数点後から提供されました。こじんまりしてお勧めのホテルです。sIMG_4514.jpg
写真では良く解りませんが、屋我地島から古宇利島までの橋がとても奇麗で印象的でした。sIMG_4509.jpg
沖縄本島の最北端である返戸岬まで足を運んでみました。途中の海は、沖縄には珍しい荒々しい波のある海でした。

Page Top

Powered by FC2 Blog |

FC2Ad

| Template Design by スタンダード・デザインラボ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。