fc2ブログ

未分類

瀬戸内海と小豆島の旅

sIMG_4233.jpg
今回ツアーに参加して、神戸空港に降り立ち南京町にて昼食、旅友のS様とスナック中華を食している所です。 S様はとてもファッショナブルで、お洒落な方です。
sIMG_4259.jpg
1日2回、引き潮のときにだけ現れる砂の道。このとき大切な人と手をつないで渡ると、天使が舞い降りて願いが叶うという。隣接する約束の丘展望台からは、撮ったエンジェルロードです。
sIMG_4266.jpg
小豆島出身の作家、壺井栄の小説『二十四の瞳』を映画化した際のセット。ロケ地として使われた木造校舎や壺井栄文学館、1950年代の日本映画の名作を紹介するキネマの庵などがあり、昭和のノスタルジーを感じる場所です。
sIMG_4243.jpg
夕日の丘ホテルにてサンセットを見ました。このホテルでは、シャンペンが提供されとても良い時間を過ごせました。
sIMG_4269.jpg
海を見下ろす小高い丘に広がる園内にはオリーブの木やハーブが植えられ、ギリシャ風の風車が建っており、その前で箒をまたに挟んで飛ぶと良いことが有るとのことで挑戦。
sIMG_4317.jpg
鳴門の 渦潮です。干潮と満潮の差で生ずるこの現象。2度目ですが、まじかで見てとても感動しました。
sIMG_4300.jpg
大塚国際美術館は、開館25周年を迎えても毎日開園前に観光客が並ぶとの事。当日も9時前に着いたのですが観光客が並んでいました。砂を利用した陶器技術により原画と同じ大きさにして長年色が変わらない技術で造っているとの事。
sIMG_4305.jpg
世界26ケ国。190余りの美術館が所蔵する絵画を1.000点余り展示している美術館です。私は大塚製薬がとても利益が有り社長が趣味としてやっているとばかり勘違いしていました。写真は館内にあるモネの睡蓮の絵画に関連して色鮮やかな本物の睡蓮が咲いていました。

sIMG_4283.jpg
日本三大渓谷美の一つと賞される寒霞渓は、瀬戸内海国立公園を代表する景勝地。その高台からの景観は絶叫を発する風景でした




未分類

隠岐の島 探訪

sIMG_4223.jpg
夢限塾生の伊東社長が評判の『あっぱれ麺』を新バージョンとして、隠岐の海藻を原料で新作麺を作るとのことで同行させて頂きました。sIMG_4142.jpg
隠岐の島の『玉若酢命神社』(たまわかすみことじんじゃ)です。神無月(10月)出雲大社に全国の神様が集まりますが、伊勢神宮や出雲神社の神様より遅れて出席する格式が高い神様の様です。、>sIMG_4144.jpg
境内には、神々しい杉の大木。樹高38m、根元の周囲約20mにおよびます。樹齢2,000年を超えるといわれ、国の天然記念物に指定されています。
sIMG_4175.jpg
高田山に登ってきました、標高315mの山ですが、急坂の山で頂上付近100mは、多数の縄梯子が準備されており非常に危険な登山でした。往復やく4時間を要しました。頂上からの景色は絶景でした。
sIMG_4154.jpg
湾内では、ザップを楽しみました。天気も良くとても楽しかったです。
sIMG_4205.jpg
隠岐の島では有名な、蝋燭岩です。 途中道路工事で閉鎖されていましたが、現場監督にお願いして通行許していただきました。優しい。
sIMG_4162.jpg
早朝散歩がてら歩いていたら、被写体として素敵な橋が有り写真にてみました。
sIMG_4149.jpg
地元の村上氏は、人生経歴がものすごい方で、自然塾なども開催されている方です。夜の食事も自分で海に潜って石鯛など銛で刺して獲って捕ってきて牡蠣フライがとてもクリーミーでした。
sIMG_4196.jpg
二日目は、参加者の中で戸塚様が誕生日とのことでバーべキュ-パーティーを開催しました。中央の女性が戸塚様で、最近『1年で億り人になる』を出版してベストセラーになっています。
sIMG_4218.jpg
白島岬の風景です。 岩礁が暖流と寒流が交差する場所に付き風景がとても綺麗でした。とても心地よくこの場所にレンタカーで1時間止めて風景を楽しみました。sIMG_4209.jpg
隠岐の島は、仙台から伊丹空港で乗り継ぎ待ち時間を入れなければ2時間程度で行ける場所です。待ち時間を入れても4時間弱で行け観光資源も豊富な島です。貴方も行ってみませんか。

未分類

奥能登探訪



sIMG_4064.jpg
見附島の軍艦島とも呼ばれる能登のシンボルだそうです。話は変わりますが、奥能登の各地には歴史あるお祭りも多数あり、中国、韓国との交易も盛んだったことも影響しているのだろうと感じました。
sIMG_4046.jpg
能登半島の近くにあるパワースポット、フレームストーン・夢の扉・青の洞窟(ライトアップでした)とのことで異様な観光スポットでした。

sIMG_4050.jpg
能登半島の岬にある聖域の岬にある、『ランプの宿』です。1泊1人10万を超える宿とのことで、超人気で予約取るのも大変なようです。

sIMG_4066.jpg
珠洲市の地震も気になっていましたが、当地の近くのホテルに宿泊していても余震は感じませんでした。私の泊まっているホテルには、バスが10台も止まっており観光も復活したんだなと実感しました。
sIMG_4068.jpg
能登総持寺でパラソルによる演出をしていました。曹洞宗大本山総持寺は、今鶴見に移動していますが境内は広く、永平寺と並んでの曹洞宗大本山は一部焼失に合いましたが、その歴史観を感じました。特別開帳の仏様の催事など観光客集めにどこも必至ですね。
sIMG_4005.jpg
千里浜渚ドライブウェイで、日本で唯一の車で8kmに渡って走れる砂浜との事。当日バイクによるアトラクションが開催され、砂による像も作られていました。sIMG_4026.jpg
七尾湾を一望できる『別所岳スカイデッキ』の前に設置されているモチーフで、トンネルの向こうに見える風景もまた格別でした。天気は霞んでいましたが、遠方にかすかに立山連邦も見えました。sIMG_4057.jpg
珠洲市で奥能登国際芸術常設作品5ケ所の一つです。廃線になった駅に将来に向けて『何かが出来る』のタイトルで、芸術作品が展示されていました。


未分類

京都を歩く旅(トレイル東山コース)

sIMG_3719.jpg
京都には、町を囲む山々をトレイルするコースが有り、今回2泊3日でその一部東山コースのツアーに参加して楽しんできました。 結構上り下りと急で大変でした。同時にいつまでこんなことが出来るのか不安になりました。笑い
sIMG_3728.jpg
参加者の中に、89歳の男性がおりとても元気で、将来自分もこうありたいと願い、またまだ訓練すれば人生が楽しめるんだと妙に納得。

sIMG_3763.jpg
京都に行った時にいつも利用する食事処『くじしよしよし』のオーナー本間氏と一緒に写真です。お店はカウンターのみで6席だけ、それだけに手の込んだ料理がいつも食べれます。075-531-8567

sIMG_3766.jpg
今回のホテルは超デラックスで、四条河原町交差点近くで温泉でした。最近のホテルはホスピタリティーに特徴を持たせていますが、このホテルは、屋上温泉と足湯にてオープンで外の景色が見れる仕掛けでした。
sIMG_3775.jpg最終日ツアーを離団して、個人的に嵯峨野鉄道に乗ってみました。実は、帰りは保津川下りにて新緑を見ながら川下りを楽しみたかったのですが、例の死亡事故が有り休業中でした。諦めきれずに亀岡にある乗船場まで行ってきました、
sIMG_3790.jpg
嵯峨野鉄道の嵐山駅にて途中下車、かの有名な竹林がとても気持ち良かったです。いずれにしてもその外国人の観光客の多さには閉口しました。今、京都市内の観光地は90%が外国人で、少し英語が出来るのでホテルで外人に話しかけたら、2週間~3週間の旅行でした。結果的に日本人が一番貧乏だなと、妙に納得しました。 質問したら日本はどのフォーリナーズにも人気でした。
sIMG_3786.jpg
丁度4月中旬は、新緑の時期で嵐山の大河内山荘庭園にて見学後抹茶のご馳走が有り、新緑を楽しみながらとても良い時間を過ごしました。




未分類

三原の桜&双葉町

sIMG_3654.jpg
福嶋の三春の滝さくらを見学に行ってきました。 今年は例年になく早咲きとの事、あまり混まない時期にて温泉旅館も予約出来たので3月29日に行ってきました。sIMG_3652.jpg
流石まだ早く3分咲でした。 菜の花と相まってとても綺麗でした。sIMG_3651.jpg
余談ですが、東北道の安積インターで、『究極のカレーパン』460円を購入して食べましたが、中に入っているカレーは具が無く究極のキャッチコピーで購入しましたが市販のカレーパンの方がよっぽど美味しいと思いました。sIMG_3680.jpg
夜のライトアップした三春の滝さくらです。 とても幻想的でした。お昼から随分と咲いた感じで翌朝早朝6時に行ったらさほど進んでいませんでした。ピンクのLEDでライトアップするので、葉さくらになっても花と見間違うと近所の売店のおじさんが話していました。笑い
sIMG_3693.jpgさくらで有名な三春町には町内多数の桜鑑賞できる場所が有り、この桜は有名な滝さくらから株分けして500年経つ(本家の滝さくらは、1.000年)福聚寺さくらです。その他神社仏閣にも多数の桜が咲いていて、特徴として町内80%が枝垂れさくらでした。 初代城主の田村氏が、枝垂れさくらを植えることを推奨していたのかもしれません。

sIMG_3674.jpg
三春町の町もこじゃれた町で、町の歴史に興味を持って歴史民俗資料館を訪ねて館内見学と『三春の歴史書』を購入しました。

sIMG_3695.jpg
写真のさくらは、三春城の上る途中の桜でほぼ満開でした。歴代城主の初代は、田村氏でその後伊達政宗が1年ほど勤めたようです。
sIMG_3698.jpg
帰りは、戦災復興中の双葉町に寄ってきました。駅や近辺は市役所など近代的な建物が建てられていました。駅に隣接して市営住宅が建てられていましたが、人口6.000人以上の町が旧人口の今1%の60人しかいないとの事、(半分が市役所の職員との事)旧市内の住宅は立っているのですが。人が住んでいないので住宅がかなり痛んでいました。
sIMG_3704.jpg
一部復興の為の工場誘致エリアには、建築が盛んにおこなわれており今月から糸の会社が稼働するとの事、原子力災害復興館など大型の館も建てられていました。現場で働く労働者の為のホテルも建築されており、素泊まり4.500円の看板が見えました。早期に双葉町初め近隣の被害町村が賑わいを取り戻せるように願うのみです。
プロフィール

mugenjyuku

Author:mugenjyuku
FC2ブログへようこそ!

カテゴリ
検索フォーム

Page Top

Powered by FC2 Blog | | Template Design by スタンダード・デザインラボ